投資不動産のいろは
不動産投資 トップページ 2017年01月10日

購入の際には!不動産の相場を調べよう

不動産の購入時に物件を安易に選んで契約してしまう方はいませんでしょうか。物件には相場が存在するので、しっかり事前に調べておけば、お得にいい物件を選べたり交渉時に有利になったりします。では、相場の調べ方を見ていきましょう。


新聞の折込みや情報サイトを見る

不動産の相場を調査するにあたって、一番オーソドックスになるのが情報媒体の閲覧です。売られる物件の情報や価格は、新聞の折込みや情報サイトに載せられていますので、確認することにより必然的に相場についての知識を得ることが出来ます。これだけだと簡単に調べられると安心してしまいがちですが、情報媒体による閲覧が大変なのは「何度も見る必要がある」ことです。相場の変化は意外と早いので、一度見ただけで満足していると思わぬ価格の上昇に面くらってしまうこともあります。自分が今すぐ物件を購入するというわけではないなら、小まめに新聞の物件欄や情報サイトを確認して、常に最新の情報を得ていく行動をしなければならないでしょう。

不動産会社に聞いてみる!


相場の確認には、不動産会社に直接訪問して情報を得るという選択肢もあります。相手は物件の売り買いや仲介を仕事にしていますので、最新の相場についても明るいですし、自分に合った物件をすぐに見つけてくれる可能性もあるのです。自分がどの物件を買うかまだ漠然として決めきれないという人なら、相場を聞くついでに物件選びのアドバイスを受けると良いでしょう。また、売買契約を結ぶためには、不動産会社の仲介が必要な物件もあるので、自分がほうもんした不動産会社が仲介を依頼できるくらい信頼がおけるのか、どれくらいの手数料を請求されるのかという情報も事前に確認しておくこともできます。訪問の手間こそかかりますが、有意義な点もいくつもあるのです

相場も大事だが資金繰りも

前項のように不動産相場の確認にはいくつかの方法があるのですが、相場ばかりに気を取られて資金繰りを怠るのは得策ではありません。いくら価格や条件について知識を得ても、それはあくまで購入の時に活かされるので、しっかり予算を用意しておかないと意味が無いものになってしまいます。そのため、自分が物件を購入できるほど予算が無いという人は本業の仕事に集中することの方が大事になるでしょう。ただ、休みの日に物件について調べておくことはいいことですし、なにより「将来こんな家に住もう」みたいな不動産購入への意欲は仕事のモチベーションにも繋がります。将来的に理想の物件を購入できるように、いかにやる気を出して仕事に取り組めるかもカギになるのです。

最新の投稿

2021年04月03日

不動産売却

2021年02月18日

確定申告


不動産投資 不動産お役立ち情報 代表ブログ 運営会社 お問い合わせ
© 2016 投資不動産のいろは