投資不動産のいろは
不動産投資 不動産お役立ち情報 トップページ 2017年08月12日

マンション, 買い時

いつがマンションの買い時?買い時を見極めて部屋を探そう!

様々なところでマンションは今が買い時、などと口々に言われていますが、どれが本当の買い時なのか迷ってしまうことも少なくありません。価格相場が下がった時なのか、消費税が上がる前なのか、色々なポイントを見極める必要性があります。


金利と相場を考える?無事にローンを返済出来るか考えよう!

マンションを購入する時には景気や金利の動向を調べる必要性があります。価格が変動していく要因にあるのは駅からの距離や広さ、間取り、築年数などが挙げられます、端的に言えば便利な立地にあるマンションほど価格が高騰しやすくなります。

固定金利で住宅ローンを返済する場合、長期金利となりますが金利が固定されているので支払額も一定になります。しかし、ここで長期金利が下がると固定された金利も下がるので返済額も下がり、支払いが楽になります。また、新築マンションやリノベーション済みのマンションを購入する時には消費税がかかりますが、個人の中古マンションを購入する時には消費税がかかりません。主に1月〜3月にかけて物件数が増えてくるので好きな物件を選びやすいので買い時と言えますが、繁忙期なので誰かに買われやすいので注意が必要です。


ライフスタイルによって変化する?無理なく物件を購入したい!

自分が本当に住みたいと思えるマンションであるか、特にこれが重要だと言えるでしょう。賃貸ではなく購入するとなれば気軽に引っ越すことが難しくなりますし、同じマンションに腰を据えて住んでいられるかを考慮する必要性があります。また、住宅ローンを利用する際には無理なく返済し続けられるかも大事です。買い時でも返済に苦しい状態だと生活もひっ迫するかもしれません。ローン返済に困らない為にも、自分や家族の収入はどれくらいか、万が一退職した時の返済方法などもしもの時まで考慮した計画を立てましょう。

他にも家族構成によって買い時が左右されることもあります。特に子どもがいる家庭は子どもの成長に合わせた部屋割りが重要視される傾向にあるので、子どもの将来を考えたマンション選びも重要です。


マンションの相場を知る?相場を調べて損をしないようにしよう!

マンションを売る時にも購入する時にも相場をチェックする必要性があります。相場と比べて価格が高い場合、広告費や営業費などが上乗せされていることがあるので購入した後にマンションの価値が下がる可能性があります。

中古マンションの場合、立地や広さ、築年数以外で価格に影響されることはありません。中古は築16年あたりから安定する傾向にあるので、特に構造上の問題や設備に問題がなければ目立った価格の変動がない築16年からのマンションが買い時と言えるでしょう。しかし、購入する前に建物の耐震性や管理体制、修繕状況もチェックすることも大切です。物件を見に行った時にひびやコンクリートの欠けなどがなければ定期的にメンテナンスを行っているということになるので、それだけ安心して住むことが出来ます。

最新の投稿

2021年04月03日

不動産売却

2021年02月18日

確定申告


不動産投資 不動産お役立ち情報 代表ブログ 運営会社 お問い合わせ
© 2016 投資不動産のいろは