投資不動産のいろは
トップページ 不動産お役立ち情報 2017年10月29日

不動産, 売却, 流れ

売るならしっかりと知っておきたい不動産売却の流れ

個人が取得できる資産の中で最大クラスの価値があるものが不動産です。不動産は決められた敷地面積分の土地を購入することによって、その土地に自身が望む建物を建てても良いという許可書ですが、ただ購入するときには不動産売却する流れも知っておくことが大事です。


不動産売却の流れその1企業探しから依頼するまで

不動産売却の流れの中で最初に行うことは、その不動産を信頼して売却しても良い企業を見つけることから始めます。まず不動産はその時の土地価格の相場というのは決まっているので、最寄りの自治体やインターネットからその土地価格の平均相場に関する情報を集めます。そして平均相場を調べた後に、実際に不動産売却を任せることのできる専門店を探します。この時に重要なのが、専門店は当然ながら複数存在しているので、その中で実際に口コミや営業実績などの情報からお店を絞っていくことです。そのわけはお店によって査定額は違うのはもちろんのこと、その専門店の中には売却する側に知識がないことを良いことに専門店に有利な条件を提示するお店もあるためです。そして複数絞った中で企業を選んだあとは、その企業に依頼して現在の所有している不動産の価格を査定してもらいます。


不動産売却その2売却から開示まで

現在の査定額を絞った企業の情報から算出し依頼していたら、次の段階においては実際に売却する流れに入ります。実際に不動産売却をするときには、その不動産の現在の価格と2年から3年後の景気の動向を見極めたうえで売り出し価格を決定し市場に出します。そして市場に出して後は購入者が現れるまで待つことになりますが、その後実際に購入者が現れたと連絡があったときには仲介役となる不動産売却企業と共に購入者との契約に入ります。その時には土地価格売却額を満たしている以外にも自身が望む条件と折り合えばそこで交渉締結になります。ただ一つ重要なのが交渉締結する前に、しっかりとその土地の情報を相手に伝えることが大事です。それは購入後に購入した側が意図しなかった状態になるような環境になれば、その不動産の価値や信頼が落ちてしまい最悪そんな土地を購入したことを裁判で争うことにもなります。


不動産売却その3まとめ

これらすべてを踏まえて後はその土地の引き渡しをする契約書にサインして、これで不動産売却の流れとなり実際に売却するときに問題なく進行できるのです。ただ実際に不動産売却をするときには、自身がなぜ売却するのかを考える必要があります。例えば売却することが自身の生活環境の変化によって売らなければならない状況だったりするときには良いのですが、ただ持って置いて売ればそれでいいという考えではせっかくの社会においての最高クラスの価値を出す不動産の価値をみすみす捨てるようなものです。本当に不動産を所有するときには、持っているだけで価値があることで何もせずに持っていればいいというものではなく、不動産の知識を有しておくことが後々自身の納得いく結果を出す秘訣だと言えます。

最新の投稿

2021年04月03日

不動産売却

2021年02月18日

確定申告


不動産投資 不動産お役立ち情報 代表ブログ 運営会社 お問い合わせ
© 2016 投資不動産のいろは