投資不動産のいろは
トップページ 不動産お役立ち情報 2017年11月10日

不動産, 売れない

不動産が売れないときの対処法

不動産が全然売れないので困っている人はいないでしょうか。不動産を売るためにはいくつか確認しなければならないポイントがあり、自分でしっかりクリアすることが必要です。そのポイントについて整理しましたので見ていきましょう。


高すぎる価格はNG!

不動産が売れない理由として真っ先に上がるのが、売却価格が高すぎることです。自分本位に利益を得ることだけを考えた価格設定は、買い手にとっては条件の悪い物件にしか映りません。そのため、自分の利益を考慮したうえで丁度いい価格を見つける必要があるのです。自分の裁量で決めるのが難しいなら、新聞の折込みや不動産情報サイト閲覧して物件の相場を調べるという方法があります。自分の物件と条件が似ているものをいくつかピックアップして相場を確認した後、自分の売りたい不動産の参考にしていくといいでしょう。売買は売り手と買い手の利益関係の一致によって成立するので、もし自分が買う立場だったらこの価格で欲しいと思うかなど、相手の立場を考慮して決めるのがポイントです。


ケチらずリフォームをしよう!

不動産は価格だけでなく、内装面もしっかり確認されます。そのため、床や壁などに不備が見られるなら買い手にとってマイナスポイントになり、それが売れない理由に繋がってしまうのです。内装面を改善するためにはリフォームが必須のため、中にはかけるお金がもったいないと難色を示す人もいます。しかし、物件の状態が買取を避けられる原因になっているのなら、今後も売れることはないということになります。つまり、しっかりリフォームを済ませておくことで、内装を見た人に購入したいと思わせることが求められるのです。リフォームを依頼する場合は、今後の売却交渉への影響を考えてどのくらいの期間を要するのかしっかり確認する必要があります。


不動産会社とのコミュニケーションはしっかり!

不動産が売れない理由には、仲介している不動産会社との関係性もあります。しっかりと意見交換をしないままコミュニケーション不足の状態を続けていると、買取希望者への意見も通りにくくなります。話し合いは欠かさず行い、買取希望者を見つけられるように努力しましょう。また、仲介を依頼する会社を決める時、仲介手数料の安さだけで判断していないでしょうか。確かに手数料は利益に関わりますので、できれば安い方がいいのはもちろんです。しかし、安易に決めた結果依頼した会社が悪質企業だった場合、粗悪な業務しか行わず希望者が見つからないという可能性もあります。そのため会社を決める際は、信用が置けるのか判断するため、仕事の実績について調べることも必要でしょう。

最新の投稿

2021年04月03日

不動産売却

2021年02月18日

確定申告


不動産投資 不動産お役立ち情報 代表ブログ 運営会社 お問い合わせ
© 2016 投資不動産のいろは