投資不動産のいろは
不動産投資 トップページ 2016年05月30日

知っておきたい区分投資のリスクと一棟投資のリスクの違い

不動産投資を始める際の、区分投資のリスクと一棟投資のリスクの違いについて今回ご紹介します。

空室時のリスク

区分投資とは、例えば、マンションの一室だけの投資のことをいいます。一方、一棟投資とは何室もあるアパート全体(全室)の投資のことをいいます。これは、どのような違いが起きるかというと、例えば、3,000万円の区分マンションの一室と、3,000万円の10室あるアパート一棟の投資を考えてみるとわかります。
家賃総額は同じだとしても、区分マンションの場合は、退去者が出てすぐに入居者が見つからない場合は、家賃が一円も入らなくなってしまいます。もちろん空室時を作らなければ、そのようなことは起きません。
一方、アパート一棟の場合は、10室全てが空室になってしまうことは、よほど何か原因がない限りほぼ考えられにくいので、一円も家賃収入がないという事態は起きにくいと思われます。つまり、常にいくらかの収入が入るという比較的安定した状態を保てることになります。

修繕費

修繕費に関しては、長期的に考えると区分投資の方が一棟投資よりもやすい可能性が高いです。
しかし、管理組合や理事会の決定に従わなくてはならないため、自分でコントロールすることは出来ないというデメリット(リスク)もあるのです。

立地

区分を買うを買う場合は、駅近の良い立地の物件から選べることが多いです。
そのため、たとえ空室になってしまっても、立地が良ければすぐ埋まる可能性が高いので、区分投資だからと言ってリスクは必ずしも高いわけではないです。
逆に1棟投資の場合は金額が高いケースも多くあるので(地方であっても)、駅から遠く離れた交通の便の悪い場所になってしまうことも多いです。

投資規模の大きさと効率さ

一棟投資のメリットといえば投資規模の拡大が可能ということです。
不動産投資をするにあたっては、いろいろな手続きが必要となるため、投資規模の小さいものを複数持つよりは、規模の大きい物を一つ持っていた方が、投資額による手間の差はたいしてないと思われますので、効率的かと思います。

まとめ

以上が、区分投資のリスクと一棟投資のリスクの違いについてのお話になります。
リスクという点では、一棟投資の方が空室に関してのリスクが低く感じられ良さそうな気がしますが、他にもメリット・デメリットはそれぞれにありますので、一概に一棟投資の方が区分投資よりもいいともいえませんね。
それぞれの特徴を理解した上で、検討してみてくださいね。

お問い合わせバナー2 投資不動産のいろは


最新の投稿

2021年04月03日

不動産売却

2021年02月18日

確定申告


不動産投資 不動産お役立ち情報 代表ブログ 運営会社 お問い合わせ
© 2016 投資不動産のいろは