投資不動産のいろは
トップページ 不動産投資 2017年12月08日

不動産投資 一括購入

不動産投資は現金一括購入と融資を受けるのどちらが良いか?

今回は不動産投資を始める際に、「現金一括購入」と「融資を受ける」どちらが良いか見ていきたいと思います。


現金一括購入のメリット

現金一括購入のメリットといえば、やはりローンを組まなくて済むということが大きいと思います。不動産投資は、しっかりとした知識とノウハウの基に計画すれば、リターンの回収率はかなり高いものと言えますが、そうは言ってもやはり、最初に必要とされる資金額は高額なため、借金をしてまで(ローンを組んでまで)やろうと思う方はそんなに多くないはず。そうなると、今持っている自己資金で全てが賄えるのであれば、不安という点ではかなり解消されますよね。また、担保価値のある物件を獲得できるということも、もう一つの大きなメリットかと思われます。ローンを組む場合には、そのローンの目的となる投資物件に必ず抵当権が付きます。抵当権はローンの返済が完了するまでは維持できるので、他に資金が必要となった際に担保とすることはできませんが、自己資金で購入するとなると、担保設定をしないので、その投資物件の担保価値はそのまま活きることになります。


融資を受けるメリット

上記で、不動産投資の現金一括購入のメリットを述べましたが、今度は逆にローンを組むことのメリットについて考えていきましょう。
そもそも中古ワンルームマンションや1棟アパートを自己資金で購入することは容易ではありません。ちょっとした日用品のお買い物と桁違いの大物買いになるのです。そのため、購入意欲はあっても資金がない…という方がほとんどだと思います。そこで、ローンが役に立つというわけです。ローンを組めば、毎月のローン返済をしていくことになりますが、それだけではなく、「運用効率」を上げてくれるということがポイントとなります。どういうことかというと、「資金は他者、利益は自分」ということになるのです。自分が購入した投資物件に抵当権を設定されたり、返済が滞れば督促を受けるといったリスクも勿論生じますが、長期的に考えると、ローンを組むことによってわずかな自己資金でも、将来的には大きな資産が手に入るということです。


現金一括購入と融資を受けるのとどちらが良いのか

自己資金で購入する場合のデメリットは「購入のハードルが上がる」「ローンに比べて運用効率が落ちる」ということです。逆に、ローンを組む場合のデメリットは「ローンリスクを負う」「購入した投資物件については当初は実質的に抵当権者のもの」ということです。
それぞれのメリットデメリットを考え、全てをローン(または一括払い)にしなくてもいいですし、自分たちに合った支払い方法を考えるようにしましょう。

最新の投稿

2021年04月03日

不動産売却

2021年02月18日

確定申告


不動産投資 不動産お役立ち情報 代表ブログ 運営会社 お問い合わせ
© 2016 投資不動産のいろは