投資不動産のいろは
トップページ 不動産投資 2018年01月12日

不動産, 売却, 注意点

不動産を売却する時の注意点について

人生の中で家を売るといった経験は、多いものではありません。そのためいざ不動産売却といった時、何をしたらいいのかピンとこない人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、不動産売却の際のポイントと注意点についてまとめました。


まずは不動産売却の全体的な流れを把握する事!

売却する理由はライフスタイルの変化や環境や経済状況の変化など人によって様々ですが、家を売ろうと考えた際にはその理由を明確にしておく事が重要です。そしてそれらを踏まえた上で、住み替えをいつするのか、手元の資金はいくらあるのかを確認しなければいけません。これらの注意点を具体的にする事により、売却をしても問題がないかどうかを把握する事が出来るのです。

以上の事が分かったらまずは、不動産を売却する流れを知る事が重要になります。そして不動産を売却する価格を決め、信頼できる不動産会社を探します。次に売ろうとしている物件の価格の査定を依頼して、不動産会社に仲介の依頼をして、不動産の売却活動を始め購入希望者が現れたら値段の交渉を行い、認められたら契約を結ぶ前に物件情報の定時を行います。そして売買の契約を結び、引き渡しといった流れになります。


売却をする予定の家を複数の不動産会社に査定してもらおう!

家を売ろうと考えた場合、出来るだけ高く売りたいと思いますよね。少しでも高く売却したいなら、まずは複数の不動産会社に査定してもらうといった方法があります。複数の不動産会社で査定をしてもらう事によって、最も高く売り出してもらう所を探す事が出来るのです。またそうする事により、信頼の出来る良い不動産会社や担当者を見つける事が出来たり、その物件の新たな情報を得る事が出来たりするので有効的です。実は不動産会社によって査定金額は異なり、その金額には10%程の差がありますので、1社の不動産会社に査定してもらうよりも2社以上に依頼する方がお得に売却する事が出来ます。ただし注意点として飛び抜けて査定額が高い場合は、問題がある場合がありますので担当の方に根拠を聞くようにしましょう。


家を売却する際には、様々な費用が必要となる事を知っておこう!

不動産を売却する際の注意点として、思わぬ出費とならないためにも他にかかる費用も計算の中に入れておく必要があります。実は不動産を売却する際には、不動産会社と提携を取るため、不動産会社に仲介手数料を支払う必要があるのです。この仲介手数料は意外に高く、2,000万円で売却が出来た場合には高くて71万2,800円が必要になるのです。そのため2,000万円がそのまま自分の所に入ってくるのではないので、それをそのまま住宅ローンの残りや次の家の頭金に出来ると考えないようにしましょう。家を売却する際には、まずかかってくる費用を知った上で資金の計画を立てる事がとても重要なポイントになりますので気をつけるようにしましょう。

最新の投稿

2021年04月03日

不動産売却

2021年02月18日

確定申告


不動産投資 不動産お役立ち情報 代表ブログ 運営会社 お問い合わせ
© 2016 投資不動産のいろは