投資不動産のいろは
トップページ 不動産投資 2018年02月02日

不動産, 売却, 個人

不動産を個人で売却する時代が到来?

不動産を売却したいと考えた時に、多くの人は不動産屋を通して売却先を探すでしょう。しかし不動産屋を利用すると高額な手数料が発生します。そこで個人で土地や住宅などを自由に、売買するという流れも発生しているのです。


個人で売却をすることのメリット

不動産を個人で売却することを検討したことはあるでしょうか。基本的に不動産を売買する時は不動産屋に任せるという人は多いでしょう。しかし不動産屋に依頼をすると必ず仲介手数料が発生します。土地や住宅という高価なものの売買なので、その仲介手数料も物件価格の2〜3%ながら100万以上になることも多く、決して無視できない金額でしょう。

しかし不動産屋に任せずに、自分で売却をすればこの仲介手数料はかかりません。ですので自分で物件を買ってくれる人を探し、売却をしてしまえば自分の利益を大幅に増やすことができます。投資で利益を出していきたい人、なるべく高く今の住まいを売りたい人にとっては個人での売却は魅力的でしょう。


もちろん大きなデメリットもある

不動産を個人で売却する際にはもちろんデメリットもあります。不動産関係の売買においては非常に厳密に法律が定められており、何枚もの書類を作成する必要があります。また売買にあたっては売るほうが購入する側に対する説明責任をすることが義務付けられているので、不十分な説明のまま売却を行うと後にトラブル発生の種にもなりかねません。

大抵の場合不動産関係の法律を習熟した人間が調査の上で書類を作成しているのですが、個人の場合は当然自分で書類を作り手続きを行わなければいけません。そういった手間を考えると個人で不動産を売却することは、小さくないリスクや手間が伴うといえるでしょう。もちろん勉強をしていて専門的な知識があれば、自分でこなすことも可能です。


個人で物件を登録し、自由に売買できるサイトも登場

個人では法律の知識がない限り、土地やマンション、住宅を売却することは中々ハードルが高いのが結論です。しかし近年増えているのが、個人間で不動産を売買できるサイトです。これはサイトに自分で物件の情報を登録することで、そのサイトの記事を見て購入意欲を持った客との仲介をサイトがしてくれるというものです。複雑なやりとりはサイトの方で行ってくれるので、売りたい人間は基本的には物件を登録するだけです。問題があればサイト側で修正をしてくれます。手数料は発生するものの、非常に格安になっており値付けも自分で行えます。サイトでは仲介手数料を安価にすることで薄利多売のビジネスモデルを生み出しているのです。この取り組みは不動産業界でも高い注目を浴びています。

最新の投稿

2021年04月03日

不動産売却

2021年02月18日

確定申告


不動産投資 不動産お役立ち情報 代表ブログ 運営会社 お問い合わせ
© 2016 投資不動産のいろは