投資不動産のいろは
不動産投資 トップページ 2018年02月17日

不動産投資 運営費

不動産投資にかかる運営費詳細とは?

不動産投資は賃貸経営ですので、経営者として運営費用や税金、管理ノウハウをしっかり理解しておくことは重要なことです。
不動産投資には興味あるけど、実際運営費っていくらかかるのだろう?と疑問に思っている人は多いのではないかと思います。
そこで今回は、不動産投資にかかる運営費の詳細を書いていこうと思います。


入居管理

管理会社に任せる形になります。家賃の3〜5%程度が相場です。たまに10%以上のケースもあります。管理会社に家賃を振り込みを依頼する場合は、振込手数料も確認しておきましょう。管理内容は、通常、入居の募集、契約手続き、集金業務、クレーム等の対応業務の代行などになりますが、かく管理会社によって異なるので確認しておくようにしましょう。また、会社によっては、空室時にも管理費がかかるケースもありますので確認しましょう。交渉次第では空室時の管理費がかからないこともあります。


建物管理

入居管理費とは別に管理会社が月2回程度巡回して、建物や周辺状況をチェックして報告をくれます。費用的には月2万円が相場ですが、最初は自分でチェックすることをオススメします。しかし、管理会社に任せず、オーナーが建物を管理することは可能です。


空室管理

空室のまま長期間放っておくと部屋が傷むため、湿気対策のための空気入れ替え、水まわりのラップ詰まり対策etc.、定期的な管理が必要になります。簡単な作業のためオーナー自身で処理できます。
・広告費:新規入居者が決定すると、広告費用として家賃1ヶ月分を徴収する会社がほとんどですが(金額はそれぞれの会社で変わります)、地域によってはないところもありますので確認しましょう。


水道光熱費

共用部分の電気、水道代は必須です。特にエレベーター代はかかります。


上下水道代

水道代は入居者が個別に払う場合と、オーナーがまとめて支払う場合があります。例えば、水道メーターが1つしかない場合とかは、オーナーが払う必要が出てきてます。運用コストの計算方法は、単純に部屋数で割って請求している場合や、家賃代に水道代込とする場合がなど様々です。また、下水道代は、本下水の場合は費用負担がありません。浄化槽の場合は点検や清掃に費用がかかります。6戸ぐらいのアパートで年間4〜5万円程度ですが、共益費として入居者からもらうか、もらえなければオーナー負担となります。


修繕費

故障や破損した場合の修理費用は、100万円程度は見ておく必要があると思います。


税金

固定資産税・都市計画税・所得税は考えておきましょう。

最新の投稿

2021年04月03日

不動産売却

2021年02月18日

確定申告


不動産投資 不動産お役立ち情報 代表ブログ 運営会社 お問い合わせ
© 2016 投資不動産のいろは