投資不動産のいろは
不動産お役立ち情報 トップページ 2016年05月30日

不動産投資におけるアパート経営を解説

不動産投資にもいろいろな形態がありますが、今回は、アパートの不動産投資についてお話していきたいと思います。

アパート経営のメリット

・空室のリスクが軽減される
マンションの場合は区分所有なので、空室時は一切収入がありません。しかし、アパートの場合ですと、複数の部屋があるので、収入が全くないという事態にはならないです。

・土地にも資産価値がある
アパート経営の場合、仮にアパート自体がなくなってしまっても「土地」は残ります。最初に必要な金額は高額ですが、計画通りの収支で完済できた場合は、その後、新たに住居用の家を建てる、そのまま家賃収入を確保し続ける、といった選択肢が生まれます。

・建物の修繕がしやすい
アパート経営の場合は、オーナーは自由に建物を修繕することができます。ですので、集客のためにより快適なアパート作りも自由にできるのです。また、アパート経営をやめたい時でも自由に土地ごと売却する事ができるので、この自由度の高さは大きなメリットと言えるでしょう。

アパート経営のデメリット

・立地が悪いケースが多い
全体的にアパートは、好立地には少ない傾向があります。不動産というのは、どんなにそのものが良くても、立地の良さとは切っても切り離せない関係がありますので、この点はかなりのマイナスポイントかと思います。また、仮に好立地のアパートを見つけたとしても、土地代が高いのでローンの支払いでその分は上乗せされます。
・修繕費用はオーナー責任
マンションの場合はローンの支払いとは別に、毎月強制的に「修繕積立金」というものが発生します。
アパート経営の場合はそれらの費用は発生しませんので、建物の修繕はオーナーの責任で定期的に行う必要があります。修繕を怠ってしまうと、入居者の不満は募り、結果的に、既存の入居者も新規の入居者も失ってしまうことになるのです。修繕費の額は、状況によってまちまちですが、オーナー自身がしっかりと管理する必要があります。

不動産投資のアパートとマンションの比較

・将来的な資産形成の比較:アパート>ワンルームマンション(長期的に資産形成していく場合)
・投資金額のリスクの比較: アパート<ワンルームマンション
・運用の手軽さ比較:アパート<ワンルームマンション
・収益性の比較:パート>ワンルームマンション(空室のリスク)
・節税の比較:どちらも同じ
・将来的な比較:アパート<ワンルームマンション(好立地、都心の物件の場合)

以上が、不動産投資におけるアパート経営の話になります。
参考にしてみてください。


最新の投稿

2021年04月03日

不動産売却

2021年02月18日

確定申告


不動産投資 不動産お役立ち情報 代表ブログ 運営会社 お問い合わせ
© 2016 投資不動産のいろは