投資不動産のいろは
不動産お役立ち情報 トップページ 2018年07月21日

不動産, 媒介契約

不動産を売る際のさまざまな媒介契約とは

マイホームを購入する際にはまずインターネットやチラシなどを見て自分で物件を探すことから始めますが、物件を売却する場合には不動産業者にマイホームの査定をしてもらい、媒介契約を結ぶところから始める必要があります。


マイホームを売りたい方は、まずは不動産査定をして業者と契約

マンションや一戸建てを購入したいという方はウェブサイトや広告などをチェックして自分で探し始めることができますが、マイホームなどの不動産物件を売却する場合は自分で買主を探すのは難しいため、手順が変わってきます。

まずは専門の資格を持つ不動産業者を呼び、物件の立地や築年数、間取りや広さ、そして日照条件や風通しなどさまざまな条件をチェックしてもらう訪問査定を受けます。これによりマイホームがどれくらいの価格で売却できるのかということを調べることからスタートするのです。

訪問査定をしていよいよマイホームを売却することになった時に不動産業者と結ぶ契約が媒介契約です。

媒介契約にはさまざまな種類があるので、それぞれの特徴を知っておくことはスムーズな売却に欠かせません。


複数の不動産業者と契約できる一般媒介契約

不動産物件を売却する際に複数の業者に買主を探してもらうことができる契約が一般媒介契約です。この契約のメリットはなんといっても複数の業者が競合しながら買主を探してくれるので早くマイホームが売れる可能性があるというところです。

基本的に不動産業者は買主を探して、売買契約を締結するまで利益を得ることができません。そのためいくら売主と媒介契約を結んでも実際に買主を探して売買が成立しないとメリットがないので、他社より先に買主を見つけるように努力してくれます。これが売主側にとっては大きなメリットとなりスムーズなマイホーム売却につなげることができるケースがあるのです。

ただし一般媒介契約の場合、不動産業者は売主に仕事の進展度合いを定期報告する義務はないので、買主探しがどれくらい進んでいるのかわからないケースもあります。


専任媒介契約と専属専任媒介契約とは

一般媒介契約とは違いたった一社の不動産業者とのみ契約を結ぶのが専任媒介契約です。この契約のメリットは一社とのみ契約を結ぶことで、担当者との信頼関係を築くことができ、きめ細やかな物件売却ができる可能性があるということです。

たとえばなかなか買主が現れない場合、物件の売却価格の見直しが必要ですがこうした際にも専属の担当者ときめ細やかに価格調整をすることが可能です。また専属媒介契約の場合には担当者が買主を探している進展度合いを定期的に売主に報告する義務が発生するので、どのくらい進んでいるのかを常に確認することができ安心です。

一方、専属専任媒介契約は売主自身が買主を探すことも禁ずる契約です。さまざまな媒介契約の中から自分にあったものを選ぶことが大切です。

最新の投稿

2021年04月03日

不動産売却

2021年02月18日

確定申告


不動産投資 不動産お役立ち情報 代表ブログ 運営会社 お問い合わせ
© 2016 投資不動産のいろは